ワイン

ワインの種類

ワインの種類って知ってますか?

赤・白・ロゼ・スパークリング?

それも間違いではありませんが、普段ワインと呼ぶもの以外にも「ワイン」はあるんです。

ワインの種類は多い種類は大きく分けて4つ。

 

①スティルワイン

②スパークリングワイン

③フォーティファイドワイン

④フレーヴァードワイン

 

1つずつ、ご紹介していきますね。

 

①スティルワイン(非発泡性ワイン)

一般的に、ワインと言ったらスティルワインのことを指していることが多いです。ただし「無発泡であるもの」を指すのでスパークリングワインは含まれません。

②スパークリングワイン(発泡性ワイン)

炭酸ガスを中に封じ込めた泡立つワインのこと。炭酸ガスを含むワインが入っているため、瓶の中は気圧が高くなります。そのためワインの瓶がスティルワインより頑丈にできています。

シャンパンやスプマンテなどが有名。

③フォーティファイドワイン(酒精強化ワイン)

スティルワインの発酵中、または発酵終了後に、ブランデーなどの強い酒を加え、アルコール度を上げ、コクや保存性を高めたワイン。

シェリー、ポートワイン、マデイラ、マルサラが有名。

④フレーヴァードワイン(香味付けワイン、アロマタイズドワイン)

スティルワインに薬草や香辛料、果汁、甘味料などを加え、独特な風味をつけたワイン。食前酒や食後酒、カクテルの原料に用いる。イタリアのベルモットやスペインのサングリアが有名。

右2つがポートワイン、左がマルサラ
自家製のサングリア作成中

赤ワインの主な醸造方法

赤ワインはこうやって作られる!

 

①収穫

人の手や機械で果実を摘み取る。

②除梗・破砕

果梗という房の小さな枝部分を取り除き、葡萄をつぶす作業。

破砕した葡萄の果汁、果皮、種子の混合物を果醪という。

③発酵

果醪をタンクへ入れ、酵母を加える。葡萄の中の糖分が、酵母の働きによって、アルコールと二酸化炭素に変化します。

④醸し

色素やタンニン(渋味の主成分)などの成分を抽出させるために発酵状態で時間を置きます。

⑤圧搾

液体(ワイン)と個体(果皮・種)に分離します。

⑥マロラクティック発酵

酸味の強いワインをまろやかにする作業。乳酸菌の働きによって、リンゴ酸を乳酸に変えること。

⑦熟成

ワインをタンクまたは樽に移し替えて、しばらくの期間静置し、ワインのバランスや風味を向上させる。

⑦滓引き

滓(おり)と呼ばれる酵母菌の死骸などの固形物を取り除く作業、熟成期間中に滓が容器の底に沈むので、上澄みのワインを別の容器に移し替える。

⑧清澄

ワインの透明度を更にあげるために必要に応じて清澄剤を使用する。

⑨濾過

フィルターや遠心分離機を用いてワインをろ過する。

⑩瓶詰め

瓶に詰め、出荷!

ただし、熟成タイプのワインは貯蔵庫に寝かせ、さらい熟成を続けます。

ボジョレーヌーボーって?

ボジョレー(地区名)ヌーボー(新酒)とは、簡単にいうと「フランスのボジョレー地区で作られる特産品の新酒」のこと。

葡萄は、ガメイ種に限られており、新酒というくらいですから、その年に収穫した葡萄のワインです。

元々は、その年の葡萄の出来栄えをチェックするための試飲酒なので、収穫してからなるべく早く試飲するために特別な急速発酵技術でワインを作ります。この技術を「マセラシオンカルボニック」と言います。

マセラシオン・カルボニックって?

マセラシオン・カルボニック(以下MC)とは、通常の造り方と異なる発酵技術です。通常の造り方より、早くワインができるのでボジョレーヌーボーを作る際に用いられることで知られています。

通常、収穫した葡萄の房から、小さな枝部分を取り除き、実だけを潰してつくります。が、MCでは房のまま小さな枝部分をつけたままどんどんタンクへ入れていきます。

すると、葡萄の重さでタンクの底の方の葡萄は勝手に重さでつぶれて発酵が始まります。タンクは密閉状態にするので、発酵により発生した炭酸ガス(二酸化炭素)が、タンク内に溜まって、潰れていない葡萄も顆粒内で発酵を始めます。

破砕、発酵、醸しが同時進行で行われるので、短期間で色の濃い、フレッシュな、タンニン(渋味)の低いワインができるというわけです。

お問い合わせ
Go to Top